災害時安全安心パートナー事業を推進

中島みつのりの

 議会質問での提案に

       よって実現!!

平成23年度決算特別委員会(10月10日)

決算第二特別委員会局別審査(水道局関係)

1 災害対策の推進について

2 水道メーター分解作業委託

  (障がい者雇用)について

3 学校における直結給水について

4 給水スポットについて

5 水源エコプロジェクト

 (W-eco・p ウィコップ)について

6 孤独防止について

民間企業への協力事業として、水道局は

災害時安全安心パートナー事業を推進しました。

 

 ※ 水道局では、地震などの災害発生時にも市民の

皆さまに水道水をお届けできるよう、浄水場等への非常用

発電設備の設置や給水車の配備などを行っています。

これらの稼動に必要な燃料を確保するために、燃料事業者様

の御協力を得て「横浜水道 安全・安心 パートナー

(燃料供給)」制度を 昨年3月にスタートしました。

この1年間で御登録いただいた35者の事業者様に

感謝するとともに今後も多くの事業者様の御登録を

お願いします。

2013年10月3日

【タウンニュース掲載】

災害時にも水を供給し続けるために

事業者様に「森のぬくもり感謝状」を贈呈

(水のふるさと道志水源林間伐材活用)

事業者様は店頭等に「横浜市水道局災害時

協力店」ステッカーを表示していただくことで、

社会貢献活動に取り組んでいるPRに

つながります。

Copyright (C) 2019 中島みつのり. All Rights Reserved.