2019年3月28日

【タウンニュース】に掲載されました!

東戸塚駅が快速停車駅検討へ
 
 私の議員活動の重点政策の1つ「東戸塚駅の
混雑緩和と安全対策」が前進しましたので、
ご報告致します。
 
石井国交大臣に要望書
 
 私たち横浜市会議員を含む公明党神奈川県本部
は3月19日、石井啓一国土交通大臣に会い、
JR東戸塚駅の混雑緩和と安全対策のため、東戸塚駅を
湘南新宿ライン快速列車停車駅等とすることを要望しました。
 石井大臣は「しっかり対応する」とし、JR東日本も
「具体的期日は定められないが十分認識しており、
今後の検討課題」とコメントしています。
 
ラッシュ時増発は実現
 
その前段として、今回のJRダイヤ改正(3月16日から)
で東戸塚駅の一番混雑している7時台に上り列車の増発が
決まり、これまでなかった7時18分発が始まっています。
本紙でもたびたびお伝えしてきましたが、東戸塚駅の
混雑解消とホーム上の安全対策推進は私のライフワーク。
 
これまで
 
◆朝ラッシュ時の係員増員
◆列車待ちの際の列車補助ライン設置
◆ホーム上グリーン券販売機移設
◆ホーム中央部の通行帯明示
◆上下エスカレーターの高速化

 (夕方以降の2基上り運転)
 
などに取り組んできました。
形になったもの、実現できてないものもあります。
 
ホームドア整備が前進
 
その一方喫緊の課題のホームドア整備は形になってきました。
国は1日10万人以上が利用する駅は原則2020年までに
整備する方針。当然東戸塚駅は対象です。
また、視覚障がい者の転落事故を防ぐため、国と鉄道各社は
早急に安全対策を取る合意をしています。
こうしたことから私は、議会の場で林市長に対し、ホーム上で
列車待ちをする利用者を減らし安全対策を強化すること、
ホームドア整備の意義を度々訴えてきました。
 
 東戸塚駅の課題改善のため、関係機関と連携しながら
より良い駅環境になるよう力を尽くします。

Copyright (C) 2019 中島みつのり. All Rights Reserved.